FOOD SAFETY

安心・安全

FEATURE-1 管理体制

食品を扱う企業として、
常に安心・安全を追求しています。

当社は、飼料にはじまり、生産農場の管理、製品加工、販売まで豚肉生産の全工程を掌握し、
一貫した管理体制によってトレーサビリティを確保しています。

  • 配合飼料

    グループ会社が製造した
    配合飼料を給与

    飼料は豚の健康や成長に大きな影響を及ぼします。当社パートナーの生産農場では、安全面はもちろん味や肉質にもこだわった飼料を厳選し付与しています。

  • 配合飼料

    農場での安全管理を徹底

    各農場の飼料・注射針・抗菌抗生剤を把握するなど、畜産農家様と一体となって生産農場の安全管理の徹底に努めています。

  • 配合飼料

    食品安全管理体制の充実

    ISO22000規格に適合した自社加工場では、徹底した食品安全管理体制を実現しています。

FEATURE-2 取り組み

高品質で安心安全な食品を安定して供給するために、
様々な取り組みを実践しています。

「日本の食卓に、おいしく安全な食品を届ける。」それが当社のモットーであり使命です。
私たちは、常にお客様の立場に立って高品質で安心安全な食品を届けるため、様々な取り組みを行っています。

  • 温度管理、細菌検査の徹底

    温度管理、細菌検査の徹底

    工場内では微生物を増殖させないための徹底した温度管理を実施。
    また日々の取り組みの検証として細菌検査を実施し安全確認を徹底しています。

  • 金属探知機による検査

    金属探知機による検査

    目視では確認できない、豚肉の内部に入った金属片を金属探知機にて検査しています。
    もし発見あれば速やかに除去し、原因究明、再発がないように改善活動を行います。

  • 抗生物質、合成抗菌剤の残留検査

    抗生物質、合成抗菌剤の残留検査

    抗生物質等の残留が豚肉にないか日々検査を実施。
    一か月に約300回もの検査を行いお客様に安心安全な豚肉をお届けしています。

  • 5Sイメージ

    「5S活動」の徹底による
    衛生管理体制

    5Sは、整理、整頓、清掃、清潔、躾の頭文字でHACCPやISO22000を実践するために最低限必要な基本活動です。

  • HACCPマーク

    HACCPの導入

    HACCPとは Hazard Analysis and Critical Control Point の略で危害分析と必須管理点と訳されている。食品を製造工程ごとに安全管理するシステムを言います。

  • ISO22000マーク

    ISO22000の認証取得

    ISO22000は、食品安全管理システムのことで、スイスの民間企業が規格を統一し認証している、安心安全な食品を生産・流通・販売するための国際標準規格です。